小澤先生・リサイタルが終わる

小澤先生・リサイタルが終わる

声楽講師

 

先月末、半年以上前からドキドキしていたリサイタルを無事に終えました。
群馬の生徒さんも応援に来てくださり、感謝しております。
以下、私が個人でSNSに投稿した内容と同じようものですが、お許しください。頂いた素敵な写真と共にこちらにも載せます。
我ながら、良いこと書いています(笑)

一期一会♪と言うと、大抵は「一生に一度きり」の意味を指すことが多いかと思っていたのだけど、「会うことはこれからもたくさんあるけど、その一回一回は、二度と同じ時間は無いから、相手を思いやって大切に過ごしなさい」という戒めの意味もあるとか。最近知りました🧐

なんかあんまりこういうこと書くとさ、カッコつけてる人みたいで気が引けるけど、まぁいいか🙃(笑)
数年ぶりのガチな投稿、多分乱文長文になりますが、自分への回顧録の意味もあるのでお許し頂けたら幸いですm(._.)m

演奏は、同じ曲でも全く同じことを再現するのは無理だから、その瞬間は「一生に一度きり」になる。でも、そこに至るまでの過程、作品と出会ったり、人と出会ったりというのは、積み重ねがあるからこそで、↑の語源のように、再現されることこそ大切にしなくてはいけないと感じます。

一昨日のリサイタルの最後では、修了からこの一年半を振り返って、沢山の方々との交流についてお話しさせて頂きました。つまり「=ありがとうございます🙂」ということ。

まだペーペーの、多分「ペー」の字にも至ってない私が、至らない点も沢山あった。
だからこそ、最後は自分の言葉で締めようと思って前日に作文、暗記。

話しは逸れるけど、、、。FBはタブレットかパソコンからしかしないので、乗り遅れた感ハンパないし、色々な方々が沢山素敵な写真も撮って載せて頂いていたようで申し訳ないです😰

改めまして、一昨日無事に演奏させて頂きました。機会を与えてくださった小鉄先生、小澤のわがままプログラムの為に合わせは勿論、暗譜などにもお力添えくださり、はたまた方向音痴すぎて目的地に着けない小澤の為に毎度道案内をして下さったピアニスト芦沢さんはじめ、ご指導下さった恩師、聴きに来てくださった皆様、エールをくれた皆様のおかげです。
ありがとうございます。

↑小澤のわがままプログラムと命名してみましたが、その名の通りで(笑)
覚えられない!とか、言葉ムズイよー😣とか叫んでましたが、大事故なく終えたことにまずはホッと。

大好きなフランス歌曲も沢山入れました♪

特にドビュッシーは、初期の物を選んだのだけど、二曲とも若かりしドビュッシーが慕ったヴァニエ夫人に捧げたもので、後期の作品より和声進行がわかりやすい分、詩の内容が浮き立っている感じがして素敵な作品だなと🙂
ロマンチックやなー♪(笑)

プーランクも歌いました。まさかこんなに早く自分の論文読み返す日がくるとは、、下手な論文すぎて恥ずかしくなった(笑)
そして意味不明。(企業秘密!)

後半はオペラ。苦手意識があるせいか、反省多いな😣
あと、ドイツ語。未だによく読めない、助けて。(助けてじゃなくていい加減自分でどうにかしてください)

そんなこんな、マイペース小澤ですが、お知り合いの皆さま、今後とも仲良くして頂けたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

一昨日は緊張し過ぎたせいか神経もいつも以上に使ったみたいで、昨日からやらかし散らしている自分が不安です。

・昨日朝は、残していたデスクワークをやろうとするものの、頭がボーっとして、オールスター・誤字脱字スペルミス感謝祭。
・昨晩はライオンで稽古。勿論シラフなのに何故か呂律まわらない。
・今日は魔笛のお稽古へ。私は一応女性なはずなのに、何故か男声パートも見ますか?と自ら質問。
・日本語でしか歌ったことなかったから、ドイツ語苦手な自分の為に発音記号書いたのに、自らガン無視。
・まだ麦茶少し残ってるのに、オレンジジュース注いでしまった。勿体ないから飲んだよ。これさっき。不味かった。

自分で自分にびっくりだ!笑

あと、これは直さなきゃいけないんだけど、私要領悪いから、溜めた譜読みを短期間でどう片付けるか、、

うわぁぁぁぁぁ😓
回顧録作ってる場合じゃないっヤバイ(切実)💨
はい、やります、皆様お休みなさいっ💨

そんな平成最後の夏の今日この頃。